タヒチでひとりごと

タヒチ在住者による現地情報をお届け。

スポンサーリンク

意外に快適!「アレミティ・フェリー」に乗船【タヒチ島⇔モーレア島】

ひょんなことから、急遽モーレア島に行くことになりました。

前回モーレア島を訪れたのは10年近く前かも。正確には覚えていなくらい前です…。

さすがに記憶の中の船着き場、船内の様子とは様変わりしていました。

タヒチ島⇔モーレア島間を結ぶフェリーの現在をお届けしたいと思います。

フェリーターミナル

f:id:Nariyuki:20180522084102j:plain
まだ日が昇っておらず、暗い写真で申し訳ありませんが…。

パペーテの Gare maritime(フェリーターミナル)です。ポリネシアらしいデザインの綺麗な建物。

パペーテ市公式サイトによると、2009年に着工、2011年から運用開始、総工費 25億 パシフィック・フラン(2018年5月中旬のレートで、約27億4千万円)。

仏領ポリネシアの規模からすれば、かなり立派なフェリーターミナルです。下手をすると、ファアア国際空港の建物よりも立派な印象を受けます。(空港も少しずつ綺麗になりつつありますが…)

タヒチ⇔モーレア間のフェリーだけでなく、超豪華大型客船なんかも受け入れているので、体面を保つ意味もあるのかもしれません。


フェリー会社

タヒチ⇔モーレア間で運航しているフェリー会社は現在2社あります。


アレミティ(Aremiti):1991年創業。

www.aremiti.pf



テレヴァウ(Terevau):前身は「モーレア・フェリー」。テレヴァウとしてのサービス開始は2012年から。

www.terevau.pf



アレミティ社の高速船「アレミティ5」とテレヴァウ社の船の所要時間は、約30分とあまり変わりません。

アレミティ社には、もう少し時間はかかりますが、アレミティ5よりもたくさんの車を積み込める大型のフェリー「アレミティ・フェリー2」があります。


料金の面で比較すると、ほとんど同じ。チケットの種別によっては、テレヴァウのほうが若干安いといった感じです。

ただ、アレミティ社はポリネシア在住者と非在住者の料金が異なります

一方、テレヴァウ社はその区別がないようです。



タヒチ島⇔モーレア島間 おとな片道料金の比較(2018年5月現在)

  アレミティ テレヴァウ
在住者 1160 F 1160 F
非在住者 1500 F 1160 F




ですので、旅行代理店を通さずに個人旅行で観光に来られた方が、フェリーターミナルの窓口でチケットを買うならテレヴァウのほうが安くなるようです。

あとは、2社の時刻表を見ながら、都合の良いほうを選べばよいかと…。


料金

f:id:Nariyuki:20180522085456j:plain
10枚つづりの回数券

今回はアレミティを利用しました。

移動するのが大人5人だったので、回数券を利用しました。10枚つづりで9420フラン=1人当たり片道 942フラン(同 約1030円)。これも Résident(ポリネシア在住者)向け料金のようです。

ポリネシア在住者ではない人が、窓口でチケットを買う場合の 一般料金は以下の通り。


アレミティ社・Public料金

  片道 往復
おとな 1500 F 3000 F
こども 950 F 1900 F

(2018年5月現在の料金/変更になっている可能性があるので、利用の際は各フェリー会社の最新の料金表を確認してください)


日本からパッケージ・ツアーで来られる人の場合は、旅行代理店がまとめてチケットを購入してくれているので、もう少し安い料金で利用できるのではないかと。


桟橋

f:id:Nariyuki:20180522084059j:plain
画像左手の通路を進んでフェリーに乗り込みます

f:id:Nariyuki:20180522084056j:plain
乗船したのは大型フェリーの「アレミティ・フェリー2」

日本の旅行代理店がパッケージツアーの中に組み込んでいるタヒチ⇔モーレア間の船移動は、たいてい「アレミティ5」という高速船のほうだと思います。

今回は連休となる週末で、普段の時刻表とは異なっていました。アレミティ・フェリー2しか運航しておらず、選択肢なし。

タヒチ⇔モーレア間の所要時間は、公式サイトによると、アレミティ5が平均35分アレミティ・フェリー2が平均40分とのこと。(実際に乗船してみたところ、アレミティ・フェリー2で50分ほどかかっていましたが)

ちなみに、アレミティ5とアレミティ・フェリー2は同料金です。


船内の様子

一般座席

f:id:Nariyuki:20180522084053j:plain

すべて自由席です。お手洗いもあります。

冷房が効いているので、はおり物を用意しておくと良いでしょう。

船内の設備はまだ新しく、清潔でした。


カフェテリア

f:id:Nariyuki:20180522084050j:plain
カフェテリア内の売店

出発が午前6時だったので、朝食を求める人が売店に列をなしていました。

f:id:Nariyuki:20180522085507j:plain
カフェテリアの座席



エレベーター

f:id:Nariyuki:20180522084902j:plain
ちゃんとエレベーターも完備



車両の積み込み

f:id:Nariyuki:20180522084859j:plain

地元の人は、自家用車ごと海を渡る人が結構います。車の大きさによって料金が異なります。

自動車の他に二輪車の積み込みも可。自転車を持ち込んでいる人も見かけました。


オープンデッキ

f:id:Nariyuki:20180522084856j:plain
最上階のオープンデッキ

前日の雨で濡れていたので、今回は一般座席で過ごしました。お天気が良ければ外も気持ちが良いかもしれません。

船内の座席よりも美しい景観が楽しめると思いますが、時間によっては日差しが強いことと、強風注意です。


景観

f:id:Nariyuki:20180522084853j:plain
パペーテの港から見たモーレア島

f:id:Nariyuki:20180522084850j:plain
パペーテの港ともしばしのお別れ
f:id:Nariyuki:20180522085504j:plain
フェリーが動き始めました



f:id:Nariyuki:20180522085502j:plain
サンゴ礁の切れ目

タヒチ島はサンゴ礁に囲まれています。サンゴ礁の部分は比較的水深が浅いです。小形のヨットやカヌーは通れますが、大型船は通行できません。

そこで、港からサンゴ礁の切れ目に向かって進み、外洋に出てからモーレア島方向へ進みます。

f:id:Nariyuki:20180522085459j:plain
(先ほどの画像を拡大)

サンゴ礁の切れ目には、赤と緑の2本のポールが立っていて、ランプが点滅します。


f:id:Nariyuki:20180522085625j:plain
次第にモーレア島に近づいてきました

出航時には、まだ辺りが暗かったのですが、徐々に日が昇ってきました。

f:id:Nariyuki:20180522085622j:plain
船を降りる少し前の景色。お天気で良かった。



まとめ

毎日モーレア島を見ながら暮らしていますが、普段はなかなか行く機会のない「お隣の島」。

移動時間も30~50分、船の料金もさほど高くはないのですが…モーレア島内で優雅な休暇を楽しむには、それなりの予算が必要です。そうそう頻繁には行けません。個人的には、物価の高いポリネシアで国内旅行に出かけるのも一苦労。

よって、前回モーレア島に行ったのはいつだったか、思い出せないくらい前です(汗)。新しいフェリーターミナルを今回初めて利用したので、少なくとも7年以上前になります。

その間に随分様変わりしていて、綺麗なターミナルビル、快適な船内に感心しました。


ポリネシア旅行を計画する上での島の選択についての記事にも書きましたが、タヒチ島に来てみて「なんか想像と違う…」と思ってしまう人もいるかもしれません。そんな時は、急遽フラッと船でモーレア島へ行ってみるのがオススメです。

船には予約なしで乗れますので、日程の中で丸1日自由に動ける日があるなら、現地で「思いっ立ったらすぐ行動」も可能なのです。

飛行機でボラボラ島などの離島に行くのに比べれば、船でモーレア島へ移動するのはかなりリーズナブル。

タヒチ島に宿をとっておいて日帰りも十分可能ですし、タヒチ島よりもボラボラ島などの離島に近い景色が臨めると思います。