タヒチでひとりごと

タヒチ在住者による現地情報をお届け。

スポンサーリンク

パペーテのマルシェ散策・サトウキビジュースから厚揚げまで【タヒチ島】

先週・先々週に続き、今週の日曜もマルシェで朝食を調達です。

普段の日曜日は朝食を買いに出かけたりしない我が家。適当に家にあるシリアルや残り物で済ますことが多いのです。

ここ数週間は例外的に「ブログのネタになるだろう」という相方さんの配慮で頻繁にマルシェ通いをしていました。タヒチの伝統的(?)な日曜の朝ごはんスタイルを実践というわけです。

でも、早起き&揚げ物中心の朝食がちょっと辛くなってきました…。そこで子どもと私はマルシェには行かないと決めて少し朝寝坊。それでも相方はマルシェに出かけて行きましたが…。長年実家でマルシェで調達した朝食に親しんでいた彼が一番楽しんでいるのかも。

あまり変わり映えしませんが、今週の購入品などをご覧に入れましょう。

中華チマキについて

↓ チマキについては以前詳しくお伝えしました。↓

www.tahiti-hitorigoto.com

今週は気が向いたからとマルシェに出かけた相方。前日にチマキの予約をせず行ったものですから、やはり6時半頃の到着でチマキはすでに売り切れ。

いつも買うスタンドの周辺で他にもチマキを売る店はあるのですが、そちらはまだ普通に売っていたとのこと。いつものスタンドのチマキは間違いなく「知る人ぞ知る」人気の品で一番に売り切れるようです。

先週は予約していたチマキを取りに行った時に、買いたいのに買えなかった男性に恨めしそうに見られたのが印象的でした。(ちょっとイヤミも言われた…。)競争率高し。

事前予約は、元々知り合いでないなら、連絡先を聞いたりして売り子さんと仲良くなる必要があります。そして、当たり前ですが、予約したら必ず買いに行くこと。売り子さんの信頼を失ってしまうと取り置きしておいてもらえなくなります。この当たり前のことができない人がタヒチには結構多いので、売り手側は確実に買ってくれる常連さんしか優遇しないのです。


ゴマ団子

先週に続いて今週も、相方はゴマ団子を買って来てくれました。タヒチではあまりゴマ団子を提供するお店がないので、先週食べてみて気に入ったのでしょう。

ただ、ちょっと個体差があるようで、先週はあまり気にならなかったのに今週のものは餡の周りのお餅がちょっと厚ぼったかったのが残念。そしてなぜかいつも少し焦げています…。

そんなに気に入ったのなら家でゴマ団子を作ってみようかしら、と思い始めました。

食べたいものが売っていなかったり、売っているもののクオリティに満足できなかったりして、タヒチでは自炊率が高くなります。このレベルにお金を払うくらいなら自分で作ったほうがマシ、となることがあるのです。

時間と手間はかかりますが、日本では自分で作ったことないな…という料理にもチャレンジする良い機会になります。娯楽が少ないので料理を趣味にするというのも一つの手かと…。


チャーシュー

f:id:Nariyuki:20180312182442j:plain

今回、相方さんはマルシェの外のお店でチャーシューを買うことにした模様。

マルシェから出て、パペーテのカテドラル前の大通りを向かい側に渡った所にあるお店。Liberty という映画館の隣です。

ちゃんとお店を構えていながらも、特に看板を掲げていません。なので一見何のお店なのかわかりづらいですが、日曜の朝には行列ができることもある割と有名なチャーシュー屋さんです。

相方の実家はいつもここでチャーシューを買うみたいです。たぶん老舗だからみんな知っていて看板を出す必要もないのかな。

チャーシューの買い方はマルシェと同じで希望の金額を伝えれば OK。相当分の量を包んでくれます。価格はマルシェ内とだいたい同じくらいみたいです。1000 フラン分でお願いして、300g 前後入っていました。

脂身が少なめで柔らか。味付けが濃すぎずマイルドで良い感じ。


厚揚げ

f:id:Nariyuki:20180312182432j:plain

今週は厚揚げを見つけてきてくれました。日本の一般的な厚揚げとは違ってサイコロ状です。タヒチの大手スーパーでは厚揚げも薄揚げもなかなか手に入らないのです。タヒチに1軒だけ(?)お豆腐を製造しているところがあるのですが、そこまでわざわざ豆腐製品だけを買いに行くのが大変なのと、曜日によっては欲しいものを買えるとは限らないので、マルシェで厚揚げを見つけたらたいてい買います。

サイコロ状 7個入り× 3袋で 500フラン。

f:id:Nariyuki:20180312182429j:plain

し~っかり油抜きをしてお昼ごはんになりました。豚ひき肉、玉ねぎ、タヒチの長~いインゲン豆と一緒に中華風に。餡かけにしたつもりが、餡が少なめになってしまった…。でもご飯にかけて丼にして食べると美味しかったです。

しかし私が作る料理は全然フォトジェニックじゃないですね…。


サトウキビジュース

f:id:Nariyuki:20180312182435j:plain

マルシェ内のココナッツミルクやココナッツジュースを売るお店の横にサトウキビジュースを売るお店があります。先週・先々週は閉まっていたのですが、今週は営業していたようです。

ココナッツジュースのお店はすでにボトルに詰めた状態のものを売るだけですが、こちらのサトウキビジュースのお店は店内で絞る様子を見ることができます。

行列ができて絞るのが追い付かなくなり、お金を払っても少し待たされる場合があります。

タヒチではココヤシが自宅の庭に生えている家庭も多く、ココナッツが珍しいものではないという理由からか、ココナッツジュースは 1L で 250フランなのに対し、サトウキビジュースは 1L で 700フランとかなり高値です。

サトウキビはどこにでも生えているというものではなく、商品として栽培されているものだからというのが理由でしょう。

かなり甘いですが、市販の炭酸飲料と違ってまろやかな甘さ。

高値なのは、お店での生絞りパフォーマンス代も含まれていると思うことにしています。


フィリフィリ

f:id:Nariyuki:20180312182439j:plain

タヒチの揚げパン「フィリフィリ」。

これはマルシェで買える品ではないですが、最近お気に入りの Firi Firi Mang さんのフィリフィリです。

マルシェに行ったはずなので今日はフィリフィリは買ってこないだろうと思っていたのに、少し回り道をしてお店に寄ってきたみたいです。

平日は5本入りで160フランの袋しか置いていませんでしたが、日曜の朝は10本入り300フランの大袋も登場。

10本入りは大家族向けですね。食べきれずに午後まで残りました。

いつもは5本入りをすぐに食べきってしまって気づきませんでしたが、時間が経つとやはり少し味が落ちます。(それでも一般的なフィリフィリに比べると十分マシなほうです)

特に砂糖をまぶしてあるタイプなので、買ったら早めに食べきるのが良いようです。

時間が経ってからも美味しく食べられるという点では Magasin Louise のフィリフィリの方が上かな、という印象。

しかし砂糖付きは子どもには大人気なので、Firi Firi Mang さんも度々買ってしまいそうです。


まとめ

今日は相方さん一人で買い出しに行ってくれたので、何を買ってきてくれるか楽しみでしたが、やはりタヒチの定番朝食は油っこいものが多いです…。

普段はあまり食べないようにしている揚げ物が続いて、さすがにちょっとキツくなってきました。マルシェ朝食シリーズはこの辺で打ち止めにしようと思います。あまり続けると確実に太ってしまう…。基本的に「タヒチ風の朝食は時々に留めて常態化しない」と心がけているのです。

しかし、マルシェには大手スーパーではお目にかかれない食品があったりするので、時々訪れてはついつい色々な物を買ってしまいます。

朝食を済ませて遅めに行くと良いものが売り切れてしまう、でも早朝に行くとついつい朝食を買ってしまう…悩ましいところです。結局、雰囲気が好きなので何だかんだ言って通ってしまう場所です。



いつの間にやらシリーズ化してしまったマルシェ関連の記事です。

↓ マルシェの営業時間など基本情報はこちら ↓

www.tahiti-hitorigoto.com


↓ マルシェの1階各売り場を満遍なく見学。「食べ物」編はこちら ↓

www.tahiti-hitorigoto.com


↓ 競争率が高い!マルシェの「幻のチマキ」詳細はこちら ↓

www.tahiti-hitorigoto.com