タヒチでひとりごと

タヒチ在住者による現地情報をお届け。

スポンサーリンク

タヒチ島で「ガレット・デ・ロワ」三昧!

タヒチの新年を彩るお菓子、ガレット・デ・ロワをご紹介します。

 

f:id:Nariyuki:20180114183941j:plain

元々はカトリックの行事なのでタヒチの伝統ではないのですが、タヒチの人たちは美味しいものが大好き!

美味しいものを食べる習慣なら、外から入ってきた行事でも何でも大歓迎!というわけで、タヒチでも毎年このガレットが飛ぶように売れます。

 

 

Galette des rois とは

歴史や発祥などの詳しい説明は他のサイト様にお任せするとして、簡単に紹介すると1月の第1日曜日(公現祭/エピファニー)に食べるのが、この「ガレット・デ・ロワ」です。

一般的にはパイ生地にアーモンドクリームが入ったガレットが主流ですが、ブリオッシュ生地にドライフルーツが入ったリング状のものもあります。

ガレットの中には「フェーブ (fève)」と呼ばれる陶器製の小さな人形が入っています。

小さな人形といっても、最近では形も様々。歴史的建造物や伝統菓子をかたどったものなどもあるようです。

もう人形ですらなくなってきている場合もあって何でもアリな感じですが、小さくて可愛いのでコレクションするのも楽しいです。

 

ガレット・デ・ロワの楽しみ方

これは私がタヒチに来てから知った方法なので、フランスの伝統的な方法とは違うかもしれませんが…。

 

  1. まずガレットを人数分に切り分けます。
  2. 誰かひとりが目隠しをするか、もしくはテーブルの下に潜ります。
  3. 切り分けた人がどれか一切れを指し、「これは誰の?」と聞きます。
  4. 目隠し(テーブルの下)の人はその場にいる人の名前を答えます。
  5. 引き続き 3. と 4. をガレットが全員に行き渡るまで繰り返します。

 

目隠し(テーブルの下)の人というのは、たいてい子どもの役目です。

ガレットを切り分ける時にたまたまフェーブがある部分を切ってしまったり、切り分けた隙間からフェーブが見えてしまうことが(多々)あります。

それでも指名役の人が目隠しをしたり、テーブルの下に潜ることで、ガレットのどの部分が指し示されているかが見えないため公正に分配ができるというわけです。

食べる前からフェーブが見えてしまっているよりも、食べてみるまでどこにあるのかわからない方がもちろん盛り上がります!

フェーブが当たった人はガレットに付属していた紙製の王冠をかぶって王様(女王様)になれます。

王様になったからと言って特に何かあるわけではないのですが、フェーブを見つけると単純に嬉しいものです。年始に縁起物が当たって幸先が良いなぁ!的な感覚でしょうか。

 

今年食べたガレットをご紹介!

タヒチの子供たちは毎年このガレットを楽しみにしている模様。

ただ、小さな子はフェーブが自分の物にならないと不機嫌になることも…。我が家は以下の通り、3つもガレットを購入する羽目になりました(苦笑)。

その1 : カルフール・ファアア店のベーカリーコーナーで売っていた通常のガレット。

f:id:Nariyuki:20180114183946j:plain

ラベルに書かれているfrangipaneはアーモンドクリームのことです。

 

カルフール・ファアア店では、少しややこしいのですが、フランスの工場で大量生産されたものを店内で焼いただけ(900フラン前後)と、パイ生地からお店で手作り(1295フラン)の2種類ありました。

日ごろからカルフール・ファアア店のパンは美味しいと思っていたので、迷わずお店で手作りタイプを選択。

しかもタイミングよくオーブンから出てきたばかりのアツアツをGET。

味もなかなか良く、直径28cmと大きく、コストパフォーマンスが抜群です。中のクリームは甘さ控えめでクリーミー。

f:id:Nariyuki:20180114183936j:plain

出てきたフェーブはアングリーバードでした。(可愛い!)

 

 その2 : カルフール・ファアア店のベーカリーコーナーで売っていた変わり種ガレット。

f:id:Nariyuki:20180114183932j:plain

「柚子・マンダリンオレンジ風味」


カルフール・ファアア店のオリジナル・フレーバーみたいです。

柚子やマンダリンオレンジの粒々が入っているわけではありませんが、中のアーモンドクリームにほんのり柑橘系の風味があります。

普通のガレットは食べたことがあるから違うのを食べてみたい!という方にお勧め。

ウチでは一番人気でしたが、価格がお高めなので来年も買うかは…微妙です。

 

 その3 : Snack Volvoのガレット

f:id:Nariyuki:20180114183927j:plain

パイ生地の立ち上がりが見事で美しい。

 

ファアア国際空港から少しパペーテ寄りのPamatai地区にあるお店。

このお店は「大丈夫か…?」と思うくらいパティスリーらしからぬ外観なのですが、かなり安いのに割と美味しいのでいつも賑わっています。

今までの経験から、こちらのお店はパイ生地が得意っぽい…と思ったので今年はガレットを購入してみました。

カルフールの通常のガレットと変わらない大きさで1300フランでした。スーパーマーケットではなく、パティスリーでこの価格はかなり安いと思います。

パイ生地にはバターの風味が強めに感じられ、アーモンドクリームは硬めで、しっかりした甘さです。

 

まとめ

ホール買いが必須なので、旅行でタヒチを訪れる方には購入して味わうのが少し難しいお菓子かもしれません。

でもこの時期に旅行していて嬉しそうにガレットを買って帰る現地の人々や、王冠をかぶっている子どもを道端で見かけた時に「あ~、これが例のガレット・デ・ロワね」と思っていただけるかなと思い、ご紹介することにしました。

こういった行事は、知らないより知っていたほうが旅が楽しくなると思います。

少なくとも1月いっぱいはよく見かけるお菓子ですので、年始にタヒチをご旅行されるのであればスーパーマーケットやパティスリーで実物を見る機会があるかもしれません。

 

最近では日本のパティスリーでもガレット・デ・ロワを販売している所があるようです。

興味のある方は近くに取り扱っているお店がないか調べてみてはいかがでしょう。

6~8人くらいで集まってワイワイ食べると楽しいですよ!